前立腺と前立腺の病気にノコギリヤシ効果

【前立腺(ぜんりつせん)】

前立腺の位置

 

男性のみが持っている生殖器官の一つで膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むかたちで存在、精嚢が隣接。

 

クルミほどの大きさで、重さは数十グラム。 腎臓や膀胱、尿管、尿道といった泌尿器の中の一つで 尿を生成して蓄え、体外に排出する役割を持っています。

 

女性器におけるスキーン腺に相同である(女性はエクスタシーに至ると、この器官で射精する)。

また、前立腺小室は同様に子宮に相同である。    

 

 

【急性前立腺炎(きゅうせいぜんりつせんえん)】

前立腺が細菌に感染して起こり、急激に発症する急性の前立腺炎の事である。

正確には急性細菌性前立腺炎(きゅうせいさいきんせいぜんりつせんえん)とも言われる。  

 

 

【前立腺癌(ぜんりつせんがん)】

前立腺(外腺)に発生する病気、癌の一つ。

様々な組織型の悪性腫瘍が生じうるが、その殆どは腺癌で、通常は前立腺癌≒前立腺腺癌の意味で用いられる。

 

2012年4月日本で初めてロボット手術であるda Vinciの保険適応となった疾患である。    

 

 

【前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)】

加齢とともに前立腺(内腺)の細胞数が増加し肥大化する疾患。

前立腺肥大症の主な原因として、加齢・性ホルモン・喫煙・肥満・肝硬変・アルコール摂取・高血圧・家族歴(遺伝)が挙げられている。

 

ただし、これらはあくまで疑われている要因でしかなく、現在において前立腺肥大症の明らかな原因はわかっていない。 高血圧、高血糖、肥満や脂質異常症との関係や、メタボリック症候群との関係についても、指摘される場合がある。

 

野菜、穀物、大豆などに含まれるイソフラボノイドに前立腺肥大症の発症抑制効果があるとされる。

また、喫煙やアルコール、性生活との因果関係を指摘されることもあるが、不明である。

 

発症のメカニズムは未だ未解明だが、男性ホルモンの働きが関係していることは間違いなく、 中高年以降に男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が起こることにより、発症すると考えられている。    

 

 

【慢性前立腺炎(まんせいぜんりつせんえん)】

細菌が原因になって起こる慢性の前立腺炎の事である。

慢性細菌性前立腺炎(まんせいさいきんせいぜんりつせんえん)とも言われる。

 

この慢性前立腺炎の原因は、急性の細菌性前立腺炎が慢性化して起こる場合と、何らかの基礎疾患があるか、カテーテルが入っているか、 結石のような異物があり、それがブドウ球菌、腸球菌、セラチア菌などの細菌によって慢性的に起こる場合がある。

 

ただ細菌が原因となる慢性前立腺炎は10%程度と比較的少なく、ほとんどが細菌とは関係の無い非細菌性慢性前立腺炎である。

 

ノコギリヤシ頻尿前立腺肥大症に効果があるのと、薄毛にも効果あるとも言われています。

 

 

  ◇こちらの記事も読まれています!◇  

 

頻尿とは?

 

頻尿原因は?

 

頻尿になってしまった時の対処は?

 

女性に多い頻尿と 夜間頻尿の改善方法

 

男性の頻尿 前立腺肥大に関する症状と前立腺がん 

ノコギリヤシ人気ランキングで分かる本当に効くサプリメント効果

ページの先頭へ